学校長挨拶

   ホーム  >  学校長挨拶

 ご挨拶                         福岡県立朝倉高等学校長 江口 也文

朝倉高等学校ホームページへようこそ

 

 朝倉高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、明治41年に福岡県立朝倉中学校として開校し、今年で創立109年を迎える歴史と伝統を持つ学校です。この間の卒業生は約四万人を数え、地域のみならず全国各地、また海外の様々な分野で活躍されています。
 現在は、旧制朝倉中学校からの「質実剛健」「文武両道」の精神を受け継ぎながら、本校の校訓である「聡明、自立、敬愛」のもと、世界的教養人の育成を目指しています。今日のグローバル化社会の中で、未来を逞しく生きていくための方策として、平成25年度から4年間ベトナムへ、また本年度からは台湾への修学旅行を実施しています。また、英語力を高めるために、本校主催の「国際英語スピーチコンテスト」や「イングリッシュキャンプ」を開催しています。
 生徒たちは明るく素直で、自らの夢や志をもって学業に励み、部活動や生徒会活動にも熱心に取り組み、自らの目標達成のために日々努力を重ねています。
 本校は「文武両道」を目指す学校であり、学問だけではなく、豊かな心を育てることも大切にしています。そのための本校独自の教育プログラム「桃李プロジェクト」を推進しており、「豊かな心に確かな学力の花が咲く」をモットーに生徒の心を育て、豊かな人間性を身につけられるような教育活動を実践しています。
 その中に、「朝倉未来塾」があります。これは、関東・関西方面の企業や大学を訪問し、現地で活躍されている先輩方とのディスカッションを通して、朝高生としての誇りを自覚して未来を指向する生き方について学んでいます。さらに、「朝倉未来塾」に参加した生徒を中心に「立志塾」を開塾して継続したリーダー育成を行っています。
 また、本校は部活動にも力を入れています。生徒の部活動加入率は90%を超え、「文武両道」を実践しながら多くの生徒が活躍しています。昨年度は、全国高等学校総合体育大会少林寺拳法選手権大会に男子2名が出場しました。さらに、音楽部(合唱)や放送部が九州大会に出場するなど、運動だけではなく文化系の部活動も成果を上げています。本年8月には、音楽部が全国高等学校総合文化祭(宮城大会)に出場することが決定しています。
 施設設備面においては、卒業生から寄贈していただいた大型望遠鏡を設置した天文台が校内にあり、また、光学マイクロデジタルスコープやスタインウェイのグランドピアノなど貴重な器材に生徒が触れることもできます。さらに、考古学分野では、かつて本校史学部が発掘した土器や甕棺などの貴重な収蔵品を納めた歴史資料室を有します。
 卒業後の進路については、多くの生徒が大学進学を目指しており、これまでに京都大学や東京外国語大学、筑波大学、九州大学などの難関国立大学をはじめ、熊本大学、長崎大学など九州各地の国立大学にも数多く合格しています。また私立大学では、地元の西南学院大学や福岡大学に多くの生徒が合格するのはもちろんのこと、慶応義塾大学、早稲田大学、東京理科大学、同志社大学、立命館大学などにも合格者を出しています。
 これからも、100年を超える歴史と伝統を継承しながら、教職員一丸となって、社会に貢献できる有為な人材の育成を目指した教育活動に邁進して参ります。

 ホーム