宇宙物理部

   ホーム  >  宇宙物理部

> 部活動紹介トップページへ

活動紹介

全国的にも珍しい大型の天体望遠鏡で、年に数回の夜間観測を行っています。

澄んだ朝倉の空気は星を見るには絶好です。

また、興味をもったことをやりながら、身近な物理の謎にせまります。

大きな行事であるからたち祭に向け、創作に励んでいます。

※平成28年4月より「天文部」と「物理部」が合併し、「宇宙物理部」となりました。

 

修復後、平成25年3月新校舎に移転

人情報保護のため、写真の解像度を低くしております。ご了承ください。

特色ある施設

 

▽2017年1月26日読売新聞に宇宙物理部の記事が掲載されました。

 

 最近のおもな活動実績

 [平成29年度]

   ▽9月22日 公開天体観測会 19:00~21:00 物理教室・無元天文台

       ①開会式

       ②天体観測会説明「無元天文台、土星について」宇宙物理部顧問

       ③講演「星空のはなし」星の文化館天文指導員 桐野修氏

       ④天体観測(土星・アルビレオの観測)

       ⑤閉会式

     (参加者)比良松中学校、立石中学校の生徒・保護者等

         

   ▽6月 2日 文化祭「からたち祭」にて展示発表

      ○自作3m大型プラネタリウムドームでプラネタリウム上演、黒点観測、天文クイズなど

      ○エアペットボトルロケット、紫外線ビーズアクセサリー、綿あめ機、物理実験など 

                                      <自作3m大型プラネタリウムドームの作成方法はこちらへ> 

[平成28年度]

   ▽6月 3日 「からたち祭」にて、自作3m大型プラネタリウムドームでプラネタリウム上演
            文化祭での静電気発生装置の展示や綿あめ機、紫外線ビーズアクセサリーの制作

 >部活動紹介トップページへ

 

 


 ホーム